保育園の歩み

昭和48年11月

西尾市山下町 内藤勝義氏旧宅を借り、6名の子どもたちから出発。くさの実保育園の前身である「やました共同保育所」開所。

平成2年3月

山下町内藤宅の老朽化にともない、移転先を探していたがなかなか見つからず、内藤氏の好意で現住崎町に新築移転する。移転に際し、備品設備資金購入等の費用をOB、現役父母有志、保育士の寄付金300万円を集める。それを機に「やました共同保育所後援会」ができる。

平成11年9月

国の規制緩和で保育所の認可基準が緩和され、社会福祉法人でなくても認可できるという見通しがたち、長年の夢であった「認可化」への希望がわく。
「認可を考える会」を発足し、後援会役員、OB、現役運営委員会、保育士が集まり月一回の会議と宣伝活動を始める。

平成12年 5月

「認可を考える会」より認可を具体的に「進めよう」ということで「認可をすすめる会」を結成。認可運動の第一歩が始まる。

平成14年 4月

国の認可化促進事業の対象園となり、認可に向けての事業開始。

6月

特定非営利活動法人(NPO法人)での認可取得に向けて認可事前協議書」提出。

12月

特定非営利活動法人の認証がおりる。法人登記をする。認可申請書類提出。

平成15年 3月

特定非営利活動法人西尾こどもの家 くさの実保育園の認可がおりる。
認可化までの間、現役父母、すすめる会会員、OB、協力者他たくさんの方々の協力で設立資金3500万円を集める。

3月31日

やました共同保育所閉所。

4月

特定非営利活動法人 西尾こどもの家くさの実保育園開園
平成17年 4月 就学前保育、一時保育、延長保育、子育て支援等地域の要望に応えたく、事業拡大のため移転先の候補地探しを始める。
6月 移転先の候補地が見つかる。
平成18年 4月 社会福祉法人設立認可申請書提出。
 5月25日 社会福祉法人西尾こどもの家認可が下りる。
9月 くさの実保育園新園舎建設工事契約着工。
平成19年 3月 くさの実保育園竣工。
3月31日 特定非営利化活動法人 西尾こどもの家 くさの実保育園閉園。
4月1日 社会福祉法人 西尾こどもの家「くさの実保育園」開園
定員90名 就学前保育開始・12時間延長保育事業・特定保育事業・一時保育事業・子育て支援センター開始